現在地
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 教育・学校 > 小学校・中学校 > 鎌田中学校校舎改築事業基本計画等策定委員会

鎌田中学校校舎改築事業基本計画等策定委員会

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月21日更新

設置理由

 平成26年度の鎌田中学校校舎改築事業にかかる隣地用地買収が実行され、平成28年3月には引渡しを受ける予定としている。校舎建築事業推進にともなっては、取得地の造成や新校舎に係る実施設計及び学校敷地の利用計画といった様々な課題が混在し、また、各学校においてはコミュニティ・スクール活動が地域住民との連携により活発に行われ、学校に対する期待や関心も非常に高い状況です。
 そういった地域の期待と将来的に適切な学校デザインの在り方について、地域と市と学校間のトータルコーディネーターとしての総合的な役割を果たすアドバイザーとして学識経験者である名古屋大学大学院環境学研究科小松准教授にお願いをしています。
また併せて、名古屋大学との連携協定を基に鎌田中学校校舎改築事業にかかる調査研究業務委託を行い、基本構想、基本計画を平成27年度中に策定するにあたり議論の場としてこの委員会設置を行うものです。

基本構想及び基本計画

基本構想及び基本計画について、平成28年4月策定いたしましたので公表いたします。

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)