国民健康保険をやめるとき

印刷用ページを表示する掲載日:2016年1月7日更新

 次のようなときは、国民健康保険の脱退手続きを行ってください。

  1. 他市町村へ転出したとき
  2. 職場の健康保険に加入したとき、または健康保険の扶養家族になったとき
  3. 死亡したとき
  4. 生活保護を受けることになったときなどです。

 届け出に必要なものは、国民健康保険証、職場の健康保険証、生活保護開始決定通知書、窓口にお越しいただく方の本人確認ができるもの、世帯主及び手続きの対象となる方のマイナンバー(個人番号)が確認できるもの(個人番号カード、個人番号通知カードまたは個人番号が記載された住民票など)、印鑑などです。

 職場の健康保険に加入した場合は、国民健康保険の資格がなくなりますので、届け出が必要です。手続きが遅れ、資格のなくなった保険証を使ってしまうと、後で医療費を全額支払わなければならないことがあります。このようなことが起こらないよう届け出は、14日以内に保険年金課・各地域振興局地域住民課で行ってください。

※個人番号通知カードか個人番号が記載された住民票のみをお持ちの場合は、本人確認のため、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、在留カードなど本人確認ができる書類をお持ちください。 ※世帯主及び手続きにかかる対象者それぞれの方のマイナンバーが必要になります。 ※窓口にお越しいただく方の本人確認ができるもの、世帯主及び手続きの対象となる方のマイナンバー(個人番号)が確認できるものについての詳細は「国民健康保険の手続きにマイナンバーが必要となります。」を参照して下さい。

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。