現在地
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 軽自動車税 > 軽自動車税Q&A(よくある質問)

軽自動車税Q&A(よくある質問)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月1日更新

【質問1】軽自動車税の車検用納税証明を取得するにはどうすればいいですか。

【回答1】車検用納税証明書については、該当する車両の「納税義務者の住所、氏名(法人名義を含む)、車両番号(ナンバープレートの番号 例:三重000あ00-00)」を税務関係証明交付申請書に明記できれば、本人及び代理人でも発行できます。手数料は無料です。

 

【質問2】 軽自動車税は、いつの時点で誰に対して課税されるのですか。

【回答2】軽自動車税は毎年4月1日現在の所有者(または使用者)に対して課税されます。

 

【質問3】 軽自動車税について、年度途中で廃車をしたのですが、既に支払った税金は戻りますか。

【回答3】 軽自動車税は、月割制度がありませんので戻りません。

 

【質問4】 道路を走らない農耕作業車やフォークリフトに税金がかかりますか。

【回答4】 トラクター、コンバイン、田植機などで乗用装置のあるものや、フォークリフト、ロードローラなどのうち小型特殊自動車に該当するものは、軽自動車税が課税されます。所有者になった時点で軽自動車税の申告をして、ナンバープレートを車体に取り付けてください。

 

【質問5】 3月下旬に廃車届を出した原動機付自転車を同一所有者(または使用者)が4月2日以降に再登録をしたいのですが税金はかかりますか。

【回答5】 賦課期日である4月1日現在に所有していたと判断し、課税されます。また廃棄していない場合は廃車届を提出しないでください。(※一時抹消制度はありません。)

 

【質問6】 原動機付自転車をもう使っていない(使えない)のに納税通知書が届きました。

【回答6】 軽自動車税は4月1日現在所有している方に課税されます。使用していない場合でも、所有していれば課税対象となります。使用できなくなり、廃棄処分する方は廃車申告をしてください。その場合でも、4月2日以降に廃車申告をした場合は、4月1日が属する年度分の税金を納めて頂くことになります。今は故障していて乗れないが、修理してまた使用する予定の方は、廃車届を提出できません。

 

【質問7】 松阪市外へ引っ越したのですが、原動機付自転車や125ccを超える二輪、軽自動車のナンバープレートはどうすればいいですか。

【回答7】 松阪市ナンバープレート(合併前の町のナンバーも含む。)については、松阪市での登録を抹消した後、転居先の住所地の市役所などで登録をし直し、新しいナンバープレートの交付を受けてください。それ以外のナンバープレートは、125ccを超える二輪の場合は中部運輸局三重運輸支局、軽自動車の場合は軽自動車検査協会三重事務所にお問い合わせください。

中部運輸局三重運輸支局  Tel 050‐5540‐2055

軽自動車検査協会三重事務所  Tel 050‐3816‐1779

 

【質問8】 原動機付自転車を最近人に譲ったのに、軽自動車税の納税通知書が届きました。

【回答8】 原動機付自転車や軽自動車等の税金は、4月1日現在所有している方に課税されます。4月2日以降に手続きされた場合は前の所有者に全額課税され、月割や返還はありません。譲渡された場合は、すぐに名義変更の手続きをしてください。

 

【質問9】 原動機付自転車や軽自動車等を3月末日までに販売店へ下取りに出したのに、軽自動車税の納税通知書が届きました。

【回答9】 販売店で廃車や名義変更の手続きがされていないか、4月2日以降に手続きをされた可能性がありますので、販売店に確認してください。

 

【質問10】 原動機付自転車の車両本体がないので廃車したいが、ナンバープレートを紛失してしまった。廃車手続きは可能ですか。

【回答10】 松阪市ナンバープレート(合併前の町のナンバーも含む。)の車両は、紛失の事情によっては「軽自動車税廃車申告書兼標識返納書」を松阪市に提出することにより廃車手続きが出来る場合があります。詳しくは市民税課にお問い合わせください。

 

【質問11】 原動機付自転車が盗難にあった場合はどうすればいいですか。

【回答11】 警察へ盗難届を提出してから、市役所で廃車手続きをしてください。その際、盗難届を提出した警察署名、提出年月日、受理番号が必要です。

 

【質問12】 壊れた原動機付自転車を回収業者に処分してもらいましたが、手続きは必要ですか。

【回答12】 車両を処分しても、市役所で廃車手続きをしない限り軽自動車税が課税されます。ナンバープレート、標識交付証明書、印鑑をお持ちになり、廃車手続きをしてください。

 

【質問13】 松阪市外へ引っ越した後、また別の場所に引っ越した。以前は、松阪市から納税通知書が届いていたが、今回は届きませんでした。

【回答13】 軽自動車税の納税通知書は、例年5月初旬に送付します。届かない場合は、市民税課へご連絡ください。松阪市から転出した後の住所変更は、松阪市役所では把握できておらず、納税通知書が配達不能で市役所へ戻っている可能性があります。また、車両の主たる定置場が変わった場合、住所変更等の届出が必要ですので、手続きをしてください。

 

【質問14】 身体障害者手帳を最近取得したのですが、税金の減免はありますか。

【回答14】 等級により、手帳をお持ちの方一人につき一台分(普通自動車も含めて)の軽自動車税が減免になります。減免を受けるには申請が必要であり、納期限までに手続きを行っていただく必要がありますのでご注意ください。また、等級によっては減免にならない場合もありますので、詳しくは市民税課にお問い合わせください。
なお、4月2日以降に手帳の交付を受けた方は、翌年度から減免の対象となります。

 

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。