現在地
トップページ > 障がい福祉 > 障がい者 > 手話施策 > 日常的な手話の紹介

日常的な手話の紹介

印刷用ページを表示する掲載日:2018年1月29日更新

日常的な手話 

 

おはようございますありがとうございます
おはようございますの手話    ありがとうございますの手話     ありがとうございますの手話2
握りこぶしをこめかみからアゴの方へ下ろします。手の甲に他方の手を直角に乗せた状態からその手を上げます。
分かりました分かりません
分かりましたの手話     分かりましたの手話2分かりませんの手話     分かりませんの手話2
片手の平を胸にあてたまま下に移動させます。片手の平を上にして、肩のあたりを払います。
好きです大丈夫ですか?
好きですの手話     好きですの手話2大丈夫ですか?の手話     大丈夫ですか?の手話2
親指と人差し指を開いてのどにあて、前に出しながら指先を合わせます。指先を胸の端にあて、次に反対側の端にあてます。

 

手話を使う時のポイント

  1. 相手の真正面に立ちましょう。
  2. 手と指だけではなく、目・顔・体の表情を豊かにしましょう。
  3. 伝えたい気持ちを大切にしましょう。

シンボルマーク

 

 

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。