ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 市長の部屋 > 市長定例記者会見 発言要旨(令和2年10月12日)

本文

市長定例記者会見 発言要旨(令和2年10月12日)

ページID:0111227 更新日:2020年10月28日更新 印刷ページ表示

所感

いよいよ10月に入りました。まず、先日の台風14号ですが大きな被害もなく過ぎ去って何よりだったと思っています。
昨日は、非常に秋晴れのいい日曜日でした。三重県のコロナ関連の発表を受けて松阪市も、ある程度イベント等の制限緩和を9月24日に発表をさせていただきましたが、少しずつではありますけど、市民の皆さん方の活動が再開しつつあると感じています。またコロナに関しましては、今のところ、ある程度落ち着いてきていると感じております。これから冬場を迎えますがよく言われている、命と経済の両立をさせながら、様々な活動が皆さん方の力によって力強く再開をしていくということを望んでいます。もちろん、正しくコロナを怖がるという姿勢は変わりませんが、例えば昨日、市展の彫刻・絵画の展示が最終日でしたが、ようやく間に合って私も行ってまいりました。入り口には松阪電子計算センターから頂いた、非接触式の体温検知器を設置し、アルコール消毒などの感染防止対策をしかり行っていただいておりました。
さらには昨日、しょんがい音頭と踊り保存会の50周年記念で屋台のリニューアルのお披露目の式典がありました。その時、会長さんが、今年1年を通してイベントは、実はこの屋台のリニューアルの式典と、もう一回、松江小学校で子どもたちと一緒に地域の無形文化財であるしょんがい音頭と踊りを一緒にやるだけだということを言っておりました。そのお話しを聞き、少し寂しい気もいたしましたが、学校とタイアップして活動も徐々に始まりつつあるのかなというのを感じた1日でございました。
それと、もう一つこれもコロナの影響で大変な状況になっている話を1つ申し上げたいと思います。何かといいますと国勢調査です。皆さん御存じかと思いますが、もともと今回の調査の回答期限は10月7日でしたが、10月20日まで延長になりました。
まず前回5年前の調査の状況を説明します。前回は、約98%の方から回答をいただき、未収は2.1%でした。前回は、ネットで回答された方が43.5%、郵送で回答された方が31.7%、あと、調査員に手渡しされた方が22.7%で、これを足しますと97.9%ということでございました。なお、対象世帯は6万3,948世帯でした。
そして今年はまだ途中ですが、非常に厳しい数字が出ています。今回と前回を、単純に比較できないのは、今回の分母が非常に大きいんです。今回の調査はコロナの影響で調査員と対象者の接触を避けて調査する方法をとっています。例えばアパートですと、住んでいる、住んでいないは関係なくて全世帯の郵便受けに調査票を入れることになっています。その結果、今回の対象世帯は7万1,916世帯となっています。つまり前回よりも、調査票の配布は8,000世帯分ぐらい増えています。
ということで、あまり単純には比較はできませんが、それでも、この11日時点でネットでの回答が33%、そして郵送の回答が24%で計57%にとどまっています。調査員の回収については、前回は22.7%と言いましたが、今回は基本的にネットまたは郵送での回答をお願いしています。一部の調査員は回収をしてくれる方もお見えになりますが基本はネットと郵送での回答ということになっていますので、前回よりも回収率が下がるのは確実です。そこで困っているのは、やはりなかなかうまく調査が進んでいないというところです。前回との違いを説明すると、前回調査は必ず対面で手渡してお願いしていました。ですから、調査員さんは大変で、夜遅く帰ってきて朝早く出ていく方も見えますのでその時間に合わせて訪問し、手渡しをして、これは国民の義務ですということうを説明してお願いしていました。しかし今回はインターホン越しのお願いです。対面では新型コロナウイルスの感染リスクもあるので、インターホン越しで、前回どおり国勢調査の説明をして、ここに入れておきますのでという話をして、調査を行っています。
それともう一つが、もともと10月7日が一応締めでございましたので、松阪市も10月8日に取りまとめを行いまして、未収の一覧、要するにまだ調査票を出していただいていない方の一覧を調査員さんたちにお配りしております。それで、再度未回答の方には出してくださいというお願いに行っています。
ということで現在のところ、回収率が調査員さんの手渡しはまだ返ってきていませんので、ざっくり言いますと57.4%しか回収がされていないという状況でございまして、これではあまり国勢調査の意味をなさないということになるので、何とか20日に向けまして我々も努力をしていきたいと思っております。
とにかく5年に1回の国全体の調査でございますので、例えばの話、地方交付税の算定はこの国勢調査の数字が使われますので、こういったものがきちんと把握できるように、これから努力をしていきたいと思います。

発表事項

  1. みえ松阪マラソン関連イベント「2021ニューイヤーRUN!みえ松阪オンラインマラソン」の開催について
  2. 「松阪市コロナに負けるな!松阪みんなの商品券」の販売状況について
  3. 「児童養護施設などを退所する子どもたちの進学支援」クラウドファンディング目標寄附金額達成!

2020年10月12日市長記者会見資料 [PDFファイル/240KB]

2021ニューイヤーRUN募集要項チラシ1009 [PDFファイル/1.49MB]

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

facebook

インスタグラム