ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 市長の部屋 > <市長コラム>子育てするなら松阪市~子どもが輝き、安心して子育てができるまちを目指して〜

本文

<市長コラム>子育てするなら松阪市~子どもが輝き、安心して子育てができるまちを目指して〜

ページID:0111034 更新日:2021年11月1日更新 印刷ページ表示

令和3年度も上半期が経過し、昨年に続きコロナ対策に奔走していますが、子育て支援、特に保育環境の充実も着実に進めています。

まず、全公立保育園での「主食(ごはん)の提供」、「使用済みおむつの園での処分」、公立幼稚園での「預かり保育を実施する園の拡充」をそれぞれ本年4月から開始し、保護者の負担軽減を図りました。

そして10月1日からは、待機児童が多く発生する0歳児から2歳児までを専門に預かる私立の小規模保育事業所を開設すると
ともに、春日保育園で最長21時まで児童を預かる「超延長保育」がスタートしています。

これらの取組みの多くは、これまでに実施した保護者アンケートの結果や、保護者の皆様と懇談した際に頂戴した意見を参考にして実現させたものです。仕事と子育ての両立、これまで以上に安全で安心な保育環境を望まれる保護者の声に応えることができました。

一方で、新たな保育士の確保や、現場で働く保育士の支援も大切です。保育士を目指す学生に対する修学資金の貸付け、一度保育現場を離れた保育士の復職の支援など、保育士の確保に努めるとともに、私立保育園の運営をしっかりと支援するため、住宅手当の上乗せなどを今年度から実施し、市内全ての保育園における保育士の負担軽減に努めています。

「子育てするなら松阪市」

このフレーズを松阪市の確固たる代名詞とするため、引き続き頑張ってまいります!

春日保育園での保育風景の画像

春日保育園での保育風景


facebook

インスタグラム