現在地
トップページ > 市長の部屋 > 市長コラム > 令和2年度分 > <市長コラム>子どもたちの夢の実現にぜひご協力ください!

<市長コラム>子どもたちの夢の実現にぜひご協力ください!

印刷用ページを表示する掲載日:2020年9月1日更新

ベルファームにある遊具

 今月は、クラウドファンディング (※1) を活用した松阪市の取組みを紹介します。松阪市では、7月1日から、子どもたちの夢の実現を応援するためのクラウドファンディングをスタートさせました。
 今回応援したい夢は二つです。一つは、障がいの有無や年齢にかかわらず、誰もが楽しむことができる遊具を設置することです。現在このような遊具は、昨年ベルファームに設置した一台しかありません。この遊具設置のきっかけは、障がいを持ったお子さまがいる一人の母親の声
でした。誰もが楽しく過ごせる公園を作りたい。遊具遊びが大好きで、いろんな種類の遊具で遊ぶことにより、「楽しいという気持ち」をたくさん感じて育ってほしいという母の強い想いが、今も私の心に残っています。この想いにしっかり応え、このような遊具を増やしていきたいと思います。
 もう一つの夢は、児童養護施設などを退所する子どもたちの進学に向けた応援です。児童養護施設などで暮らす子どもたちは、高校を卒業すると同時に施設を退所し、自立していきます。自立後に生活と学業を両立させることは非常に困難で、進学を断念せざるを得ない子どもたちが多いのが現状です。自分の夢を実現させるため、子どもたちの将来の選択肢が広がるような環境を作ってあげたい。いただいた支援は、家賃や生活費に充てられます。
 「なぜ行政がクラウドファンディングを?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。私は、多くの方から支援の気持ちが集まるこの制度を通じて「たくさんの人があなたたちを応援しているんだよ」というメッセージを子どもたちに伝えたいと思っています。この支援の気持ちを背に受けきっと子どもたちは夢の実現に向けて頑張ることができるでしょう。
 松阪市ホームページにある「クラウドファンディング」のバナーをクリックしていただくとご覧いただけます。募集期限は12月31日まで (※2) です。市内外を問わず多くの方からのご支援をお願いいたします!

 

 クラウドファンディングのページはこちら

 

※1 クラウドファンディング:群衆(クラウド)と資金調達(ファンディング)を組み合わせた造語で、インターネットを介して自分の夢や想いを発信し、その活動を応援したい不特定多数の人々から少額ずつの資金を募る仕組み
※2 広報まつさか9月号の紙面では9月29日までの募集期限となっていますが、12月31日までに延長となりました。

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。