現在地
トップページ > 入札制度(工事等) > 入札制度のご案内 > お知らせ > 低入札価格調査における調査基準価格未満での契約手持ち件数の判定時期について

低入札価格調査における調査基準価格未満での契約手持ち件数の判定時期について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月25日更新

低入札価格調査における調査基準価格未満での契約手持ち件数の判定時期について

 松阪市低入札価格調査試行要領第9条第3号の規定について、調査基準価格未満での契約手持ち件数は、開札日における低入札価格調査にて判定します。
このため開札日の前日までに完成したもの(完成届を受理したもの)は、契約手持ち件数から減じます。

 なお、入札条件の手持ち工事件数(総手持ち件数、部門別手持ち件数)は、通常案件と同様に参加申請締切日で判定し、開札日当日での手持ち工事件数の判定については、開札日の前日までに完成したもの(完成届を受理したもの)は減じます。

松阪市低入札価格調査試行要領(抜粋)

(その他)
第9条 前条に規定するもののほか、低入札価格調査を経た上で契約を締結する場合は、次の各号に掲げる事項を適用するものとする。
(1) (略)
(2) 業種を問わず調査基準価格未満での契約は、手持ち工事2件を限度とすること。
(3) (略)
 

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)