現在地
トップページ > 入札制度(工事等) > 入札制度のご案内 > 電子入札システム関連情報 > Java公式サポート終了による電子入札システム更新に伴うご利用パソコンの対応準備のお願い

Java公式サポート終了による電子入札システム更新に伴うご利用パソコンの対応準備のお願い

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月5日更新

[工事等電子入札・物品等電子入札共通のお知らせ]

【重要】Java公式サポート終了による電子入札システム更新に伴うご利用パソコンの対応準備のお願い

 本市の電子入札システムで使用しているJavaの公式サポート終了に伴うセキュリティ対策のため、平成31年2月末頃に電子入札システムの更新を予定しています。
 この更新にあわせて、電子入札に使用できるパソコン環境等に変更がありますので、下記内容を必ずご確認いただき、速やかにご準備とご対応をお願いします。

※この内容は電子入札対象者(電子認証用ディスク(CD)をお持ちの方)へのお知らせです。

1. お使いのパソコンの再設定が必要となります。(新しいソフトウェアを配布します)

 更新後の電子入札システムを使用するには、お使いのパソコンに新しいソフトウェアのインストールが必要です。平成31年2月中旬ころ、あらためてお知らせしますので、松阪市HPの新着お知らせにご注意願います。

2. 対応OSが変更となります。(お使いのパソコンを確認してください。)

 平成31年2月末に実施する電子入札システムの更新にあたって、32ビット版のJavaは公式サポートが終了しており、セキュリティ脅威に対処できないため、32ビット版のWindowsのサポートを終了させていただきます。システム更新後の電子入札システムの利用は、64ビット版のWindowsパソコンをご利用願います。
 つきましては、あらためて現在お使いのパソコンOSを、別添の「パソコンOSの確認方法」に沿ってご確認いただき、32ビット版の場合には速やかに動作環境を満たすパソコンへの切り替えの準備をお願いします。

パソコンOSの確認方法 [PDFファイル/1.03MB]

(参考)更新後の電子入札システムの動作環境

【 必要なソフトウェア 】
電子入札システム クライアント V4
電子入札システム 通信プログラム(仮称)
※2月中旬~下旬ダウンロード配布開始予定

【 対応OS 】
Microsoft Windows 7(64bit) SP1(Home Premium / Professional / Ultimate)
Microsoft Windows 8.1(64bit) ((無印)/ Pro)
Microsoft Windows 10(64bit) (Home / Pro)

※電子入札システム更新時点で64bit版Windows環境の準備が間に合わない方は、松阪市契約監理課まで別途ご相談ください。

【 対応ブラウザ 】
Microsoft Internet Explorer 11.0

 

 

戻る場合は、ブラウザの戻るボタンで戻ってください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)