現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 中部地区 > 鈴木家住宅 主屋・蔵・納屋

鈴木家住宅 主屋・蔵・納屋

印刷用ページを表示する掲載日:2013年7月20日更新

中部地区
149-252・253・254
鈴木家住宅 主屋・蔵・納屋
(すずきけじゅうたく しゅおく・くら・なや)

国登録 

概要

3棟/六呂木町 個人/主屋:明治初期、木造平屋建、瓦葺、建築面積156平方メートル/蔵:明治16年、土蔵造2階建、瓦葺、建築面積28平方メートル/納屋:明治初期、木造平屋建、瓦葺、建築面積46平方メートル/平成25年12月24日登録

 鈴木家は「喜多村」の屋号をもつ農家で、市内中部の六呂木町に所在し、明治時代には大石村の村長を勤めた家です。昭和30年代以前にはみかん栽培を営んでいました。

  主屋は木造平屋建、瓦葺の建物で、江戸時代後期からみられるこの地域に典型的な間取りを継承しています。また、小屋裏で養蚕を行うために、広い空間を確保できる構造になっています。

  蔵は当地域の農家が土蔵を備えることが一般化する時期の建物として重要なもので、伝統的な工法と近代的な技術の双方が見られる建物です。 主屋、蔵、納屋が一体となって、松阪市中山間地域の農家の近代化を示す優れた屋敷構えを構成しています。

   鈴木家住宅外観 鈴木家住宅外観                     

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。