三門

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月30日更新
  • 本庁管内
  • 市街地区

9-36
三門
(さんもん)

県指定有形文化財

概要

  • 1棟
  • 安土桃山
  • 愛宕町 龍泉寺
  • 切妻造、本瓦葺
  • 昭和27年3月13日

 一間一戸(いっけんいっこ)の薬医門(やくいもん)。主柱は長方形断面で、根巻きが付く。主柱上に冠木(かぶき)をのせ、三斗組(みつどぐみ)をおき、通肘木(とおしひじき)を受ける。大斗(だいと)上に女梁、男梁を重ね、男梁前端で出桁を支え、後端は控柱上になる。男梁中央に斗束(とづか)を立てて実肘木(さねひじき)で棟木を支える。主柱、控柱間には腰貫、飛貫を入れる。男梁上には棹縁(さおぶち)天井を張り、軒は一軒疎垂木(ひとのきまばらたるき)、破風(はふ)には異形かぶら懸魚(けぎょ)をつり、棟端には鯱瓦(しゃちかわら)を載せる。木割太く、斗組(とぐみ)や蟇股(かえるまた)も雄健で、桃山時代の風格を示す建物である。松ヶ島城裏門を移したとも、松坂城の門を移したともいわれるが、確証はない。龍泉寺は真言宗高野山派に属する。客殿は江戸時代初期の建物である。

龍泉寺三門の画像

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。