現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 中部地区 > 阪内不動堂境内

阪内不動堂境内

印刷用ページを表示する掲載日:2012年2月20日更新
  • 本庁管内
  • 中部地区

44-84
阪内不動堂境内
(さかないふどうどうけいだい)

市指定

概要

  • 阪内町華厳寺 不動堂境内
  • 指定面積:919平方メートル
  • 昭和53年11月11日

 不動堂は、阪内川の支流不動川(花厳寺川)の上流にある緑濃い林間の小堂である。境内には高さ約30m、幅1.5mの不動滝が清冽な山水を落としている。松阪一の大瀑であり、四季の景観に恵まれた仙境の地である。
 不動堂は浄土宗知恩院の末寺。寺伝は不詳ながら、阪内城主坂内家の菩提寺であった華厳寺(廃寺)の奥の院であったといわれている。

阪内不動堂境内

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。