現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 市街地区 > 木造阿弥陀如来立像<常教寺>

木造阿弥陀如来立像<常教寺>

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月11日更新
  • 本庁管内
  • 市街地区

16-52
木造阿弥陀如来立像
(もくぞうあみだにょらいりゅうぞう)

市指定有形文化財

概要

  • 1躯
  • 室町時代
  • 白粉町 常教寺
  • 像高49.5cm、寄木造、素木地
  • 昭和35年12月1日

 切れ長な目をあらわし、鼻口は小さく造る。やや張った肩や薄く階調美しく整えた衣文など鎌倉時代に遡る像である。左脇にアクセントをもつ衣文処理には、慶派(けいは)との関係で、とくに注目される。肉髻(にっけい)、地髪(じはつ)を若干低くつくり、荒めの螺髪(らほつ)とともに宋風を基とした当時の流行の断片が垣間見られる。
 もとは笹川町字只越の地蔵堂に安置されていたが、明治末の廃寺の際、個人蔵となり、最近、常教寺に施入された。

木造阿弥陀如来立像

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。