現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 飯高管内 > 水屋の大クス

水屋の大クス

印刷用ページを表示する掲載日:2019年12月26日更新
  • 飯高管内

121-200
水屋の大クス
(みずやのおおくす)

県指定天然記念物

概要

  • 1本
  • 飯高町赤桶 水屋神社
  • 昭和42年2月10日

 水屋神社境内の一番奥にある。地元では「大クスさん」と呼ばれ、この地の神木として大切に護られている。樹高約35m、幹周り約12mで、県内でも有数の巨木である。
 クスノキは関東以南の比較的暖かい平野に多く見られる。防虫、防腐効果のある独特の香りをもち、樟脳(しょうのう)を採る木でもある。5月頃からクリーム色の小花をつけ、11~12月には黒色の小さな実を結ぶ。
 神社周辺の植生は照葉樹林帯(しょうようじゅりんたい)でよく見られるものであるが、巨樹が林立する情景は荘厳な面もちをたたえている。

水屋の大クス

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。