現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 北部地区 > 松ヶ島城跡

松ヶ島城跡

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月25日更新

本庁管内 北部地区
51-98
松ヶ島城跡
(まつがしまじょうあと)

県指定史跡

概要

安土桃山時代/松ヶ島町城ノ腰/指定面積:287平方メートル/昭和31年12月5日

 三渡川(みわたりがわ)右岸の海岸線から東へ500m、俗に天守山と呼ばれる1辺約20mのほぼ方形の台状地が、本丸天守台の跡と考えられている。永禄10年(1567)の頃、北畠具教はここ細首(松ヶ島の旧名)に築城するが、同12年、織田信長の来攻に際して自ら焼き廃城となったという。天正8年(1580)、具教の養子に入った信長の次男北畠信雄は同地に築城、松ヶ島城と改称した。その後、同12年に蒲生氏郷が入城し南伊勢支配の拠点として栄えたが、松坂城の完成とともに廃城となった。今も周辺には丸ノ内・城ノ腰・殿町・本町等の地名が残り、天目茶碗の出土も知られている。

松ヶ島城跡

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。