戸長文書

印刷用ページを表示する掲載日:2012年2月20日更新

三雲管内
99-177
戸長文書
(こちょうもんじょ)

市指定有形文化財

概要

126枚/明治時代/笠松町 個人/昭和37年11月15日

 明治時代初期に笠松村の戸長を務めた際の文書が多数保存されている。その中には、当時碧川の河口からおよそ2km上流にあった笠松港に関する文書も含まれており、明治7年(1874)から10年にかけての笠松港の様子を垣間見ることが出来る。 

戸長文書

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。