現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 市街地区 > 絹本着色普賢延命菩薩像

絹本着色普賢延命菩薩像

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月11日更新
  • 本庁管内
  • 市街地区

11-39
絹本着色普賢延命菩薩像
(けんぽんちゃくしょくふげんえんめいぼさつぞう)

県指定有形文化財

概要

  • 1棟
  • 室町時代
  • 中町 継松寺
  • 絹本著色、掛幅装、92×37cm
  • 昭和27年3月13日

 普賢延命経の所説によって描かれたといわれる像で、大部分は張りのある鉄線描によるが、着衣には宋風の肥痩(ひそう)のある線により全体が引き締められている。写実的な胸飾や瓔珞(ようらく)の描法、裳に描かれた繊細な菊花文、円花文、卍字つなぎ文等の文様、黒味を帯びた着彩などから、鎌倉時代の様式を伝えた室町時代初期の作品と思われる。
 継松寺は真言宗高野山金剛三昧院(さんまいいん)の末寺。古来、厄落とし観音として知られ、例年「初午」の日には遠近からの参詣者で賑わう。

普賢延命菩薩像

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。