現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 中部地区 > 東山古墳群

東山古墳群

印刷用ページを表示する掲載日:2012年2月20日更新

本庁管内 中部地区
41-81
東山古墳群
(ひがしやまこふんぐん)

市指定

概要

11基/古墳時代(後期)/立野町東山/指定区域:墳丘部分/昭和53年11月11日

 立野町集落の東、中部台運動公園入口東側の標高53mの独立丘陵に位置する11基の円墳からなる古墳群である。
 11基の古墳の径は13m~20mで、内部構造については、8号墳が横穴式石室を主体部とすること以外は、何も判明していない。古墳群出土の須恵器は6世紀後半代のものが主流で、6世紀前半に遡るものはない。

東山古墳群

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。