現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 南郊地区 > 高田二号墳出土埴輪

高田二号墳出土埴輪

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月25日更新
  • 本庁管内
  • 南郊地区

5-221
高田二号墳出土埴輪
(たかだにごうふんしゅつどはにわ)

市指定有形文化財

概要

  • 4点
  • 古墳時代
  • 松阪市教育委員会(松阪市文化財センター)
  • 平成19年1月18日

 高田二号墳は上川町五良谷に所在する径27m、高さ3m前後の古墳である。
これらの埴輪は、昭和46年に偶然に発見されたものであり、古墳西北部周溝に伴う円筒棺であったと考えられている。
 埴輪は、外面をタテハケによる調整を施し、体部に透かし穴があり、上段には三角透かし、最下段には半円形の透かしを用いるなど伊勢地方における最古段階の埴輪群であると考えられ、伊勢地方における古墳造営のあり方やその状況を考える上で極めて貴重な資料である。

高田2号墳出土埴輪

高田2号墳出土埴輪

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。