現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 北部地区 > 銅造釈迦如来坐像<薬師寺>

銅造釈迦如来坐像<薬師寺>

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月25日更新

本庁管内 北部地区
49-94
銅造釈迦如来坐像
(どうぞうしゃかにょらいざぞう)

市指定有形文化財

概要

1躯/慶安5年(1652)/船江町 薬師寺/像高74cm、銅造/昭和27年1月26日

 形状、構造とも阿弥陀如来坐像に準じ、禅定印である点と、光背の唐草紋がより複雑になっている点のみ相違する。背面に銘文を刻む。造像年も阿弥陀如来坐像と同じである。

銅造釈迦如来坐像

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。