現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 市街地区 > 銅鐘 辻越後守重種作

銅鐘 辻越後守重種作

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月30日更新
  • 本庁管内
  • 市街地区

11-43
銅鐘 辻越後守重種作
(どうしょう つじえちごのかみしげたねさく)

市指定有形文化財

概要

  • 1口
  • 寛永16年(1639)
  • 中町 継松寺
  • 総高117cm、口径87cm、銅造
  • 昭和35年12月1日

 津市釜屋町の鋳物師(いもじ)辻越後守重種の代表作ともいうべきもので、鐘形は従来のものとあまり変化は見られないものの、龍頭(りゅうず)や撞座(つきざ)に独創的な工夫が凝らされている。銘により寛永16年の作である。辻氏は近世の伊勢国を代表する鋳物師であり、藤堂家の釜師として、たびたび将軍家献上の釜を作った名家でもあった。

銅鐘 辻越後守重種作

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。