現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 市街地区 > 佐久米古墳群出土仿製鏡・勾玉

佐久米古墳群出土仿製鏡・勾玉

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月12日更新
  • 本庁管内
  • 市街地区

5-18
佐久米古墳群出土仿製鏡・勾玉
(さくめこふんぐんしゅつどぼうせいきょう・まがたま)

市指定有形文化財

概要

  • 8点
  • 古墳時代(5世紀)
  • 佐久米町自治会(松阪市教育委員会寄託(松阪市文化財センター))
  • 昭和53年11月11日

 金剛川に近接する佐久米町内の沖積低地に営まれた大塚山・丸山・糠塚古墳からなる佐久米古墳群の内、大塚山古墳から出た変形四獣鏡1、変形獣帯鏡1、珠文鏡1、勾玉3、糠塚古墳出土の変形獣帯鏡1、珠文鏡1が考古資料として指定文化財となっている。いずれもが5世紀後半のものと推定される資料であるが、古墳3基の内、大塚山古墳は県道工事で消滅し、他の2基については墳丘基底部分が残存している。
 なお、大塚山古墳は「東西拾九間 南北弐拾四間余」(『伊勢名勝志』明治22年)の規模を有した帆立貝式の前方後円墳と推定され、多数あった出土品のうち金銅装の眉庇付冑は早く海外に流出し、メトロポリタン美術館に所蔵されている。また、丸山・糠塚古墳は径30m余の円墳である。

佐久米古墳群出土ぼう製鏡・勾玉

佐久米古墳群出土ぼう製鏡・勾玉

佐久米古墳群出土ぼう製鏡・勾玉

佐久米古墳群出土ぼう製鏡・勾玉

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。