地域公共交通協議会の役割

印刷用ページを表示する掲載日:2020年7月6日更新

 

 

 「地域公共交通協議会」は、道路運送法及び地域公共交通の活性化及び再生に関する法律に位置づけられ、松阪市における生活交通の確保・維持、利便性の向上等を目的に、地域公共交通の活性化について協議する場としてその役割を担っています。
 地域住民に愛着を持って利用してもらう「バス」とするため、地域住民にも参画してもらっています。地域のニーズに応じた多様な形態の運送サービスの普及を促進するとともに、既存の交通システムと連続性・整合性への配慮から、交通事業者や学識経験者にも参画を求めています。
 協議会は、運行態様及び運賃、事業計画等について、これら地域の関係者により合意形成を図る場となっており、合意された事項については、道路運送法上の認可の手続きの弾力化・簡素化の措置が設けられています。
 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。