現在地
トップページ > 組織で探す > 都市計画課 > 交通バリアフリー基本構想(松阪)その他の特定事業

交通バリアフリー基本構想(松阪)その他の特定事業

印刷用ページを表示する掲載日:2015年4月1日更新

その他の特定事業

 松阪駅周辺は、中心市街地活性化の拠点として、松阪市の玄関口としての機能更新が強く求められています。
 特に駅前広場は、特定経路を構成する重要な施設で、交通結節点として高齢者、身体障害者等を含む多くの人々が利用する施設であるため、再整備にあわせてバリアフリー化を徹底していきます。

その他の特定事業
種別整備方針
松阪駅前広場再整備
  • 歩行者系空間
    • 交通安全性の確保
    • 高齢者、身体障害者等の円滑な移動に配慮
    • 市民集合機能の確保
       
  • 自動車系空間
    • バス、タクシー、一般車等の自動車動線の整序
       
  • オープンスペース
    • 緑豊かな市民の憩いの場としての整備
       
  • 駅前広場から駅舎への効率的な整備の検討

その他移動円滑化のために講ずる措置

 特定事業の他、以下のような項目に積極的に取り組み、松阪市全域を対象としたバリアフリー化を推進します。

  1. 心のバリアフリー化
  2. 住民参加型の施設づくり
  3. 建築物のバリアフリー化
  4. 放置自転車対策
  5. バリアフリーネットワークの形成
  6. 全市的なバリアフリー化

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。