現在地
トップページ > 組織で探す > 都市計画課 > 交通バリアフリー基本構想(松阪)基本構想策定に向けた調査

交通バリアフリー基本構想(松阪)基本構想策定に向けた調査

印刷用ページを表示する掲載日:2015年4月1日更新

基本構想策定に向けた調査

 松阪駅を中心に設定した重点整備地区において、利用者等の考え方や現状の課題等を抽出・整理するために、策定委員会のメンバーを中心に、次のような調査を行いました。

(1)ヒアリング調査

 策定委員会のメンバーに対し、「利用部会」では利用者の観点から、「事業部会」では事業者の観点から、考え方や当面の事業計画などを把握するためにアンケートによるヒアリング調査を行いました。

(2)現地調査

 利用部会、事業部会と障害者福祉センター「希望の園」のメンバーで特定経路を中心に現地を歩き、バリアフリーの現状に対する課題や意見などを抽出しました。

現地調査と整理作業の様子

現地調査と整理作業の様子1現地調査と整理作業の様子2

以上の調査の結果を、利用者の参加のもと図面に記入して、課題や要望を整理しながら取りまとめました。

松阪市交通バリアフリー基本構想 整備課題図

松阪市交通バリアフリー基本構想 整備課題図

(※クリックすると拡大版が表示されます。約1MB)

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。