現在地
トップページ > 組織で探す > 農水振興課 > ジャンボタニシの卵にはさわらないで!

ジャンボタニシの卵にはさわらないで!

印刷用ページを表示する掲載日:2020年7月3日更新

ジャンボタニシの卵はとても危険です

 水田や用排水路にピンク色の卵が付着しているときがあります。これはスクミリンゴガイ、一般にはジャンボタニシとして知られている卵です。卵には、寄生虫がいる場合があります。これは、人に感染する可能性があります。
 このため、写真のような卵を見かけても絶対に触らないくださいもし、触ってしまった場合には、充分に手を洗ってください。

 (駆除方法)
  卵は基本的に水中では孵化ができませんので、水中に落としてください。

  水路    卵

(写真1)用排水路横に卵が付着している写真     (写真2)卵を拡大した写真

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。