現在地
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療・市民病院 > 保険・年金 > 国民健康保険税 > 国民健康保険税の納期限と納付方法(平成31年度)

国民健康保険税の納期限と納付方法(平成31年度)

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月1日更新

賦課年度については、4月を起算として平成31年度と表記しています。

年税額の決定

国民健康保険税は課税計算の対象となる前年中の所得が確定する6月中旬に決定し、各世帯に通知いたします。
※給与や年金等の報告が無く、所得が不明となっている世帯は適正な課税ができませんので、忘れずに所得の申告をしてください。(収入がない場合でも、収入がない旨の申告が必要になります。)
※年度途中に被保険者の異動があり、税額変更が発生する場合は届出のあった翌月に税額変更通知を送付します。

普通徴収の納期限(平成31年度)

・6月から翌年3月までの10回の納期に分けて納めていただきます。
※4月から翌年3月までの12か月分を10回で納めていただきますので、1回分の税額が1か月分の税額ではありません。
・口座振替をご利用の方は、納期限の日に登録口座から振替させていただきます。

納期限表
納期納期限
第1期令和元年7月1日(月曜日)
第2期令和元年7月31日(水曜日)
第3期令和元年9月2日(月曜日)
第4期令和元年9月30日(月曜日)
第5期令和元年10月31日(木曜日)
第6期令和元年12月2日(月曜日)
第7期令和元年12月25日(水曜日)
第8期令和2年1月31日(金曜日)
第9期令和2年3月2日(月曜日)
第10期令和2年3月31日(火曜日)

納付方法

納付書による納付

  • 金融機関やコンビニエンスストアでの納付
  • インターネットを利用してクレジットカードでの納付
  • スマートフォン(スマホアプリ)での納付

口座振替による納付(お届けいただいた金融機関の口座からの振替・自動払込)

 

特別徴収の徴収期(平成31年度)

・65歳以上の国民健康保険加入者のみの世帯で一定の条件を満たした場合、世帯主の年金から天引きさせていただきます。この場合の納付は、年金受給月の年6回(偶数月)です。

一定の条件とは

  • 世帯主が国民健康保険に加入しており加入者全員が65歳から74歳であること。
  • 世帯主の年金受給額が年額18万円以上あること。
  • 国民健康保険税と介護保険料の1期あたりの合計が年金1回あたりの受給額の2分の1以下であること。

・4月・6月・8月は仮徴収として各月に天引きします(同じ年の2月に天引きされた税額と同額)。

・10月・12月・翌年2月は本徴収として各月に天引きします(6月に決定される年税額から仮徴収分を差し引いた額の3分の1の税額)。

※国民健康保険の加入者が75歳に到達する年度の納付方法は普通徴収のみとなります。

徴収期表
期別徴収月区分
第1期平成31年4月仮徴収
第2期令和元年6月
第3期令和元年8月
第4期令和元年10月本徴収
第5期令和元年12月
第6期令和2年2月

納税通知書が届きましたら、納付方法のご確認をお願いします。

国民健康保険税を納めないでいると

特別な事情もないのに国民健康保険税を納めないでいると、未納期間に応じて督促や短期被保険者証、資格証明書の交付、給付の差し止めなどの措置がとられます。
このような措置がとられても納付義務はなくなりませんので、国民健康保険税は必ず納期内に納めましょう。

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。