年金生活者支援給付金制度

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月1日更新

年金生活者支援給付金とは

 年金生活者支援給付金は、消費税率引き上げ分を活用し、公的年金等の収入や所得額が一定基準以下である年金生活者のみなさまの生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。
 この給付金の受け取りには、「年金生活者支援給付金請求書」の提出が必要です。
 なお、給付金の対象者については、下記の「年金の種類と対象者について」をご覧ください。

年金の種類と対象者について

老齢(補足的老齢)年金生活者支援給付金

【支給要件】
以下の要件をすべて満たしている方が支給の対象となります。
1.65歳以上で、老齢基礎年金を受けている
2.請求する方が属する世帯全員の市町村民税が非課税である
3.前年における年金収入とその他の所得額の合計額が879,300円以下である

【給付月額】
5,030円(月額)を基準とし、国民年金保険料納付済期間等に応じて算出された金額。

障害年金生活者支援給付金

【支給要件】
以下の要件をすべて満たしている方が支給の対象となります。
1.障害基礎年金を受けている
2.前年の所得額が「4,621,000円+扶養親族の数×38万円※1」以下である
 ※1…同一生計配偶者のうち70歳以上の者または老人扶養親族の場合は48万円、
    特定扶養親族または16歳以上19歳未満の扶養親族の場合は63万円となります。

【給付月額】
・障害等級2級…5,030円
・障害等級1級…6,288円

遺族年金生活者支援給付金

【支給要件】
以下の要件をすべて満たしている方が支給の対象となります。
1.遺族基礎年金を受けている
2.前年の所得額が「4,621,000円+扶養親族の数×38万円※1」以下である
 ※1…同一生計配偶者のうち70歳以上の者または老人扶養親族の場合は48万円、
    特定扶養親族または16歳以上19歳未満の扶養親族の場合は63万円となります。

【給付月額】
・5,030円

請求手続き

【平成31年4月1日以前から年金を受給している方】
 給付対象と想定される方に対し、日本年金機構から「年金生活者支援給付金請求書」が送付されています。
 同封の案内に従って、請求書を提出してください。

【平成31年4月2日以降に年金を受給しはじめた方】
 年金請求手続きとともに、給付金の請求手続きを行ってください。

※請求書を提出いただいたあと、審査が行われます。

年金生活者支援給付金に関するお問合せ

年金生活者支援給付金に関するお問い合わせは「ねんきんダイヤル」へお電話ください。
電話:0570-05-1165(ナビダイヤル)
(050から始まる電話でおかけになる場合、電話:03-6700-1165)
受付時間は以下のとおりです。
・月曜日:午前8時30分から午後7時
・火曜日から金曜日:午前8時30分から午後5時15分
・第2土曜日:午前9時30分から午後4時
※月曜日が祝日の場合は、翌日以降の開所日初日に午後7時まで受け付けます。
※祝日(第2土曜日を除く)、12月29日から1月3日はご利用いただけません。

関連リンク

制度の詳細は、以下のホームページから確認いただけます。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。