現在地
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療・市民病院 > 保険・年金 > 国民健康保険税 > 国民健康保険税の減免など(平成30年度)

国民健康保険税の減免など(平成30年度)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月1日更新

災害や疾病などの理由により減免を受けられる場合があります。

  • 災害により、世帯主等の所有する財産が甚大な損失を被った方
  • 生活保護法に規定する要保護者
  • 疾病、失業等により減免を申請する年分と前年中の総所得金額等を比較して10分の3以上減少すると見込まれる方

上記内容などで生活が著しく困難になり、国民健康保険税の納付ができなくなった時は、お早めにご相談ください。

倒産・解雇・雇用止めなどによる理由で退職した場合の軽減措置

倒産や解雇、雇い止めなどによる理由で離職された方の国民健康保険税の計算においては、給与所得を100分の30として計算します(平成22年度から実施されています)。

【対象となる方は】
・離職日が平成21年3月31日以降である方
・離職日時点の年齢が65歳未満である方
・雇用保険受給資格者証の離職理由が下記に該当する方

  • 11 解雇
  • 12 天災等の理由により事業の継続が不可能になったことによる解雇
  • 21 雇止め(雇用期間3年以上雇止め通知あり)
  • 22 雇止め(雇用期間3年未満更新明示あり)
  • 23 期間満了(雇用期間3年未満更新明示なし)
  • 31 事業主からの働きかけによる正当な理由のある自己都合退職
  • 32 事業所移転等に伴う正当な理由のある自己都合退職
  • 33 正当な理由のある自己都合退職
  • 34 正当な理由のある自己都合退職(被保険者期間12ヶ月未満)

 

軽減適用期間表
離職年月日軽減対象年度
平成24年3月31日から平成25年3月30日まで平成25年度
平成25年3月31日から平成26年3月30日まで平成25年度・平成26年度
平成26年3月31日から平成27年3月30日まで平成26年度・平成27年度
平成27年3月31日から平成28年3月30日まで平成27年度・平成28年度
平成28年3月31日から平成29年3月30日まで平成28年度・平成29年度
平成29年3月31日から平成30年3月30日まで平成29年度・平成30年度
平成30年3月31日から平成31年3月30日まで平成30年度・平成31年度

※軽減対象者が社会保険に加入するなどして国民健康保険を脱退した場合、軽減措置は終了します。


参考 厚生労働省ホームページ<外部リンク>

申請について

【申請場所】

保険年金課国民健康保険係または各地域振興局地域住民課健康福祉担当

【必要書類等】

雇用保険受給資格者証
印鑑(認め印)
国民健康保険被保険者証

【ダウンロードファイル】

国民健康保険税を納めないでいると

特別な事情もないのに国民健康保険税を納めないでいると、未納期間に応じて督促や短期被保険者証、資格証明書の交付、給付の差し止めなどの措置がとられます。
このような措置がとられても納付義務はなくなりませんので、国民健康保険税は必ず納期内に納めましょう。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)