現在地
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 引越し(転入・転出・転居) > 転入届の手続き方法(市外から松阪市に引っ越しをした場合)
現在地
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > ライフステージ > 引越し > 転入届の手続き方法(市外から松阪市に引っ越しをした場合)

転入届の手続き方法(市外から松阪市に引っ越しをした場合)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年7月27日更新

他の市区町村から松阪市に引っ越してきたことにより住所を異動した人は、転入届を行ってください。

届出場所

戸籍住民課、各地域振興局地域住民課または出張所

※マイナンバー(個人番号)カード、住民基本台帳カードをお持ちの方、外国籍の方は出張所では手続きできません。

届出期間

松阪市に住み始めてから14日以内
(この期間を超えた場合でも必ず届出してください。正当な理由なく届出をしなかったり、遅れたりすると過料を科せられることもあります。)

届出に必要なもの

  1. 前住所地から発行された転出証明書
  2. 届出人が、本人及び同時に転出入する同一世帯の人以外の時は、委任状
  3. 市役所にお越しいただく方の本人確認ができる書類
  4. 国外からの転入の場合は、パスポート。なお、国外からの転入の場合で、本籍が松阪市以外の人は、【戸籍謄本】と【戸籍の附票】も必要です。
  5. 住民基本台帳カード(お持ちの方)
    ※前住所地で住民基本台帳カードを利用する転出届を届け出た場合(転出特例)、上記1の転出証明書は発行されません。代わりに、松阪市で転入届受付時に住民基本台帳カードの暗証番号入力が必要です。
  6. マイナンバー(個人番号)カード(お持ちの方)
    ※前住所地でマイナンバーカードを利用する転出届を届け出た場合(転出特例)、上記1の転出証明書は発行されません。代わりに、松阪市で転入届受付時にマイナンバーカードの暗証番号入力が必要です。
  7. マイナンバー(個人番号)通知カード(お持ちの方)
  8. 在留カードまたは特別永住者証明書(外国籍の方)

転入届にともなう主な手続き※松阪市役所で必要な手続きは、受付後、申請窓口で案内します。

  • 国民健康保険の加入が必要な人や、国民年金に加入している人は、手続きが必要です。
  • 児童手当、各種医療費助成、転校手続き、後期高齢者医療資格などについては、各担当窓口でお尋ねください。
  • 65歳以上の人は、介護保険被保険者証を介護保険課で交付します。
  • マイナンバーカード・住民基本台帳カードを利用した転入届(転入特例)の場合、カードを引き続き松阪市でも利用するためにはご本人による暗証番号入力が必要です。
  • 代理人によるマイナンバーカード・住民基本台帳カードを利用した転入届(転入特例)の場合は、後日カードの継続利用の手続きを行わない場合、マイナンバーカード・住民基本台帳カードが失効しますのでご注意ください。

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)