死亡届の届出方法

印刷用ページを表示する掲載日:2016年8月12日更新

届出期間

届出人が、死亡の事実を知った日から7日以内

届出場所

戸籍住民課、各地域振興局地域住民課または出張所
(出張所を除き、休日・夜間も受付可)

届出に必要なもの

  1. 死亡届(死亡診断書[死体検案書]が記載されたもの)
  2. 届出人の印鑑
    ※届出人は、死亡届を窓口へ持ってくる人ではなく、届出すべき人です。

死亡届の届出人は、同居の親族、同居していない親族、同居人 などです。

死亡届にともなう主な手続き

  • 印鑑登録をしていた人は、まつさか市民カード『印鑑登録カード』を返納してください。
  • 国民健康保険加入者や国民年金加入受給者、後期高齢者医療被保険者、介護保険被保険者等は、手続きが必要です。

注意事項

  • 埋火葬するときには、埋・火葬許可証が必要です。この許可証は、死亡届の手続きが終了した際にお渡しします。
  • 斎場を使用する場合は、各斎場へお問い合わせください。
  • 休日や夜間に宿日直受付をした場合、届書に不備があるときは、後日、窓口にお越しいただくことがあります。
  • 死亡届出時には、新聞【おくやみ欄】への掲載の要否を確認します。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。