農林業センサス

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月27日更新

調査の目的

農林業センサスは、我が国の農林業の生産構造や就業構造、農山村地域における土地資源など農林業・農山村の基本構造の実態とその変化を明らかにし、 農林業施策の企画・立案・推進のための基礎資料となる統計を作成し、提供することを目的に、5年ごとに行う調査です。

調査の対象

1. 農林業経営体調査
 農林産物の生産を行うかまたは委託を受けて農林業作業を行い、生産または作業に係る面積・頭数が一定規模以上の農林業生産活動を行う者(組織の場合は代表者)

2.農山村地域調査
 全国の市区町村や農業集落。(全域が市街化区域の農業集落を除く。)

抽出(選定)方法

1. 農林業経営体調査
 調査実施年の2月1日現在のすべての農林業経営体。

2.農山村地域調査
 調査実施年の2月1日現在で、農業集落が存在する市区町村または森林計画区に含まれる市区町村及び全域が、市街化区域の農業集落を除くすべての農業集落。

詳細はこちらをご覧ください

 農林水産省ホームページへ<外部リンク>

 

農林業センサス調査結果

 農林業センサスの結果を公表しています。

松阪市の結果公表

 

三重県の結果公表

みえDatabox<外部リンク>

国による結果公表

政府統計の総合窓口(e-stat)<外部リンク>

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。