現在地
トップページ > 環境 > 政策 > お知らせ > 太陽光発電施設の適正導入について

太陽光発電施設の適正導入について

印刷用ページを表示する掲載日:2022年4月27日更新

太陽光発電施設を設置する方へ

 太陽光発電施設を設置される方は、下記「三重県太陽光発電施設の適正導入に係るガイドライン」の適用対象とならない場合でも、関係する法令・規則は遵守し、必要な手続きを行うようにしてください。

 また、施設設置予定区域の周辺住民や近隣の土地所有者等関係者への事前説明等についても、丁寧に行うよう努めてください。

  ・太陽光発電施設を設置される方へ(リーフレット) [PDFファイル/430KB]

「三重県太陽光発電施設の適正導入に係るガイドライン」施行

 平成29年7月1日から、「三重県太陽光発電施設の適正導入に係るガイドライン」が施行されました。
 施行に伴い、松阪市内に下記の対象施設を設置する場合には、事業概要書を県および市へ提出してください。

 ※三重県ホームページ:三重県太陽光発電施設の適正導入に係るガイドライン<外部リンク>

対象施設

  • 設  備:太陽光発電施設
  • 施設規模:出力50Kw以上(建築物に設置されるものを除く)

 事業概要書の提出先

  • 県への提出先:三重県雇用経済部新産業振興課
  • 市への提出先:松阪市環境生活部環境課政策係

関係法令、条例の遵守

 必要な措置や手続き等を国、県、市に確認および相談し、規定を遵守してください。

   ・参考(1) 太陽光発電施設の設置に係る関係法令等及び相談窓口 [PDFファイル/575KB]

   ・参考(2) 「設備の設置場所にかかる関係法律への該当状況」確認の相談窓口 [PDFファイル/137KB]

地域住民とのコミュニケーション

 事業者は、計画初期段階から対象地域の地域住民や関係者へ事業計画の説明を行い、適切なコミュニケーションを図るとともに、地域住民や関係者に十分配慮して事業を実施するよう努めてください。

 また、地域住民や関係者から事業に対する要望、苦情などがあった場合には、誠意をもって対応するように努めてください。

設計・施工時の配慮

  • 周辺環境への配慮(騒音、景観、パネルの反射光など)
  • 発電事業者あるいは保守点検責任者の連絡先などを明示した標識の掲示
  • 太陽光発電施設の周囲に柵塀などの設置

適切な保守点検・維持管理

 国への事業計画認定申請時に提出した実施計画に則り、適正な保守点検・維持管理を実施してください。

事業終了時の適切な撤去・処分

  • 事業終了後の発電施設の管理に際し、適切な措置を行うとともに、環境省「太陽光発電設備のリサイクル等の推進に向けたガイドライン」を参考に発電設備の撤去および処分に努めてください。
  • 国へ事業の廃止届を提出した場合には、その写しを県および市へ提出してください。

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)