現在地
トップページ > 環境 > 政策 > お知らせ > 松阪ネイチャーマップ

松阪ネイチャーマップ

印刷用ページを表示する掲載日:2021年2月25日更新

松阪ネイチャーマップについて

 このマップは、松阪市域の自然の現況を認識していただくとともに、自然観察の手引きとして活用し、これらの動植物、地形地質を大切にしていただくことを目的に、代表的な観察ポイントを紹介したものです。なお、一部の動植物については、種の保存上、種名あるいは生息・生育地の掲載を割愛しました。

松阪ネイチャーマップ(東側) [PDFファイル/2.95MB]
松阪ネイチャーマップ(西側) [PDFファイル/1.5MB]

マップの見方

 マップは、市域を東側(市街・低山地域)と西側(山間地域)に分けています。地図上にそれぞれの分野で色を変えた点や区域で場所を表示しており、そこにつけられている数字をクリックすると、それに対応した名称や簡単な説明が別ウインドウで開きます。分野別の区分としては、天然記念物、植物、動物、水辺、地形地質に区分しています。

松阪ネイチャーマップ紹介番組について

 松阪市に存在する既存の自然(動植物・地形・地質)を紹介する番組を作成し、市民に市域の自然環境の認知度を高め、これを保全する意識の高揚を図ることを目的として作成しています。

https://www.city.matsusaka.mie.jp/movie-page/matsusaka-ch/matsusakaneityamap.html
(ニホンカモシカ、松名瀬海岸、月出の中央構造線、松阪市の巨木)

松阪ネイチャーマップの作製にご協力いただいた方々

 編集委員

  冨田靖男(総括及び哺乳類、両生・爬虫類)、市川雄二(鳥類)、市橋 甫(昆虫類)
  貝発憲治(クモ類)、加田勝敏(植物)、北村淳一(魚類)、津村善博(地質地形)
  中野 環(貝類、甲殻類)

 写真提供

  (上記編集委員を除く)大矢正雄、緒方清人、鹿野雄一、塩崎哲也
  中西元男、宮本佳典、森本 彰

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)