現在地
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 職員人事・採用 > 制度・給与 > 定員適正化の取り組みについて
現在地
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行財政・公売 > 行財政改革 > 定員適正化の取り組みについて

定員適正化の取り組みについて

印刷用ページを表示する掲載日:2015年3月19日更新

定員適正化の取り組みについて

 松阪市の定員適正化の取り組みについては、平成18年3月に「松阪市行財政集中改革プラン」を策定し、平成17年度を初年度として、平成22年4月1日までの5年間で128人以上の職員削減を目標に掲げるとともに、合併のメリットを早期に実現するため、合併後10年間で300人以上の職員削減を長期的目標に掲げて取り組みを進めてきました。

同プラン5年間の実績では、平成22年4月1日時点で、215人の職員削減を達成しており、平成26年4月1日時点で270人の職員削減に取り組んでいます。合併後取り組んできた職員削減については、その取組実績を検証するとともに、平成27年度以降の定員管理の適正なあり方を示し、取り組みを進めていくため平成27年3月に「松阪市定員適正化方針 [PDFファイル/984KB]」を策定しました。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)