現在地
トップページ > 組織で探す > 会計管理課 > 三重県が発行するグリーンボンドへの投資について

三重県が発行するグリーンボンドへの投資について

印刷用ページを表示する掲載日:2022年2月24日更新

三重県が発行するグリーンボンドへの投資について

松阪市は基金運用の一環として三重県が発行するグリーンボンドへの投資を実施します。

投資の内容

グリーンボンドとは、CO2削減など、環境への取組みを行うプロジェクトを資金使途として発行される債券のことです。この債券は、温室効果ガス排出量を削減する「緩和策」と、気候変動影響を軽減する「適応策」を三重県が着実に実施することを目的に発行されます。

主な充当事業

「緩和策」温室効果ガスの排出削減・吸収源対策

 ・電気⾃動⾞やハイブリッド⾞両の購⼊
 ・信号機等のLED化
 ・沿岸浅海域における藻場の造成
 ・林道の開設
 ・森林・林業を担う⼈材育成のための拠点整備

「適応策」気候変動の影響の軽減対策

 ・農産物の品種や⽣産技術の開発
 ・⽔産業研究施設の設備の充実
 ・⽔害対策
 ・⾼潮・⾼波対策
 ・⼟砂災害対策

購入債権の概要

銘柄

三重県令和3年度第2回公募公債【グリーンボンド】

年限

10年(満期一括償還)

発行額

50億円

利率

0.269%

発行日

令和4年3月4日

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。