現在地
トップページ > 組織で探す > 議会事務局 > 地域医療と松阪市民病院のあり方調査特別委員会

地域医療と松阪市民病院のあり方調査特別委員会

印刷用ページを表示する掲載日:2021年8月12日更新

令和3年7月の議員の任期満了をもって、平成30年3月に設置した「地域医療と松阪市民病院のあり方調査特別委員会」(委員8人)は、終結しましたが、改選後の8月に改めて「地域医療と松阪市民病院のあり方調査特別委員会」(6人)を設置しました。

今後の動向をふまえ、協議を行っていきます。

設置目的


 松阪市議会では、65歳以上人口がピークを迎える2025年をふまえ、地域医療のあり方及び松阪市民病院の今後の運営形態や再編・ネットワーク化について調査研究を行い、松阪市民病院の方向性が定まるまでの動きについて検証することを目的として、平成30年3月に委員8人で構成する地域医療と松阪市民病院のあり方調査特別委員会を設置しました。
特別委員会設置後の平成30年3月27日に、「地域医療構想をふまえた松阪市民病院の在り方検討委員会」から市長に答申書が提出されました。また、令和2年2月13日に「第2次地域医療構想をふまえた松阪市民病院の在り方検討委員会」から提言書が提出されました。
松阪市議会としても議員の任期満了前まで特別委員会で議論してきましたが、先の5月定例会において、地域医療と松阪市民病院のあり方調査特別委員長報告としてこれまでの審査経過を報告し、改選後の市議会においても松阪区域の地域医療構想、区域内で提供される医療体制のあり方や松阪市民病院のあり方について検討し、継続した議論が必要であると述べられています。
つきましては、地域医療と松阪市民病院の調査に関する事項を付議事件とし、6人の委員で構成する地域医療と松阪市民病院のあり方調査特別委員会を設置しようとするものであります。
なお、本特別委員会は議会閉会中の審査も可能とし、その審査が終了するまで継続するものといたします。

(令和3年8月12日選任)の表
区分氏名所属会派
委員長

沖 和哉

沖和哉委員長
(令和3年8月12日選任)

蒼水会
副委員長

橘 大介

橘副委員長
(令和3年8月12日選任)

市民クラブ
委員奥出 かよ子公明党
殿村 峰代会派に所属しない議員
野呂 一男政友会
海住 恒幸会派に所属しない議員

 

これまでの地域医療と松阪市民病院のあり方調査特別委員会(令和3年6月14日まで)

会議の概要

第1回 地域医療と松阪市民病院のあり方調査特別委員会 (令和3年8月12日開催)

協議事項

  1. 正副委員長の互選について

会議概要 [PDFファイル/147KB]

松阪市民病院HPへリンクします

市民病院の在り方検討委員会

参考資料

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)