現在地
トップページ > 組織で探す > 農水振興課 > 松阪市有害鳥獣防護柵設置補助金の変更について(お知らせ)

松阪市有害鳥獣防護柵設置補助金の変更について(お知らせ)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年6月29日更新

有害鳥獣防護柵設置補助金 補助上限額変更のお知らせ

平成29年度より松阪市有害鳥獣防護柵設置等補助金の内容が一部変更となりました。

 平成28年度 資材費の2分の1(補助上限3万5千円、千円未満切り捨て)
 平成29年度 資材費の2分の1(補助上限5万円、千円未満切り捨て)

この補助金上限の変更に伴い、今までより効果的な柵設置が可能となりました。
中でも、費用の面で設置困難であったサル対策に効果のある防護柵「おじろ用心棒」を補助金を活用することにより、少ない負担で設置することが可能となりました。

(獣害)有害鳥獣対策用の「防護柵設置補助金」の申請ページ

おじろ用心棒とは?

おじろ用心棒とは、ワイヤーメッシュ柵上部に通電式の支柱を用いた電気柵を設置した複合防護柵です。電気柵の支柱に電気を通すことで、サルが支柱をつかんだ際に電気ショックを与え、登れなくする効果があります。

おじろ用心棒

申請の手続き

対 象 者  市内在住の農地所有者
申請限度 1世帯につき、年度内1回
注意事項 以前に防護柵設置補助を受けた土地や登記地目が田畑以外の土地は申請できません。

申請書類

1. 松阪市有害鳥獣防護柵設置等補助金交付申請書
2. 松阪市有害鳥獣防護柵設置等補助金事業計画書
3. 事業資材見積書(事前に業者から見積書を取り寄せ)
4. 着工前の写真
注意事項 松阪市からの交付決定前に購入された資材は補助対象になりません。

実績報告書類

1. 松阪市有害鳥獣防護柵設置等補助金実績報告書
2. 松阪市有害鳥獣防護柵設置等補助金事業報告書
3. 資材費の領収書、明細書
4. 設置完了後の写真

補助金交付までの流れ

1. 申請書類をそろえ、記入押印したものを松阪市役所農水振興課農山村係へ提出してください。
2. 松阪市より「松阪市有害鳥獣防護柵設置等補助金交付決定通知書」が届きます。
3. 防護柵の資材を業者より購入し、設置してください。必ず業者から申請者本人名の領収書、明細書をもらってください。
4. 設置完了後の写真を撮影してください。
5. 実績報告書類をそろえ、1.の申請書類の際に押印したものと同じ印鑑で押印してください。
6. 実績報告を受けた担当者が現地にて、設置確認検査を実施します。
7. 合格後に担当者よりお渡しする「松阪市有害鳥獣防護柵設置等補助金請求書」へ申請者本人の振込口座と記名押印をして、農水振興課農山村係へ提出してください。請求書の印鑑も申請書、実績報告書と同じ印鑑を使用してください。
8. 申請人が指定した口座に補助金が振り込まれ、事業完了となります。

注意事項 書類不備の場合は補助金の交付を受けられない場合があります。また、この事業は予算の範囲内で実施することから、補助できない場合もあります。

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。