現在地
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行財政・公売 > 市の計画 > 総合計画「市民みんなの道標(みちしるべ)~未来につなげるまちづくり計画~」(平成26年度~平成29年度)

総合計画「市民みんなの道標(みちしるべ)~未来につなげるまちづくり計画~」(平成26年度~平成29年度)

印刷用ページを表示する掲載日:2014年6月26日更新

「市民みんなの道標」の表紙 松阪市では、総合計画『「市民みんなの道標(みちしるべ)」~未来につなげるまちづくり計画~』の平成26年度~平成29年度版を策定しました。

 

 

 

「総合計画」って何だろう?

 松阪市では、将来どんなまちにしたいか、目指す目標を定めて、その目標を実現するために、これから市が行う仕事をまとめた計画を立てています。この計画のことを「総合計画」といいます。「総合計画」の策定には、地域審議会や幸せシティサポーター会議、市民幸せ調査など、みなさんにも様々な形で関わってもらい、ともに作りあげてきた計画です。

「総合計画」の仕組みと期間は?

 「総合計画」は、市の将来像とまちづくりの方向性を示す「基本構想」と、将来像を実現するために計画を示す「基本計画」、そして、具体的に取り組む事業をを示す「実施計画」で構成しています。期間は、基本構想が10年間、基本計画と実施計画が4年間です。

 総合計画のイラスト

 

総合計画策定スケジュール

総合計画の説明

ダイジェスト版

一括ファイル

分割ファイル

付属資料

実施計画

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)