現在地
トップページ > 組織で探す > 健康づくり課 > 予防接種(子ども):二種混合(ジフテリア・破傷風)※2期

予防接種(子ども):二種混合(ジフテリア・破傷風)※2期

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月31日更新

病気の説明

ジフテリア

 ジフテリア菌の飛沫感染で起こります。
 予防接種の普及により現在の日本では流行していませんが、感染しても症状が出ない方(保菌者)から感染する可能性があります。おもに、のどや鼻の粘膜がおかされ、高熱・のどの痛み・犬がほえるようなせき・嘔吐などの症状が出ます。
 重症化すると、のどや気管が赤く腫れて気管が狭くなるため、呼吸困難を起こし、窒息死することや、心筋障がいや神経まひを起こすことがあります。

破傷風

 土の中の破傷風菌が傷口から体内に入ることで感染します。ヒトからヒトへは感染しません。
 感染の機会は常にあります。患者の半数は、本人や周りの人では気が付かない程度の軽い刺し傷が原因です。
 菌が体の中で増えると、口が開かなくなるなどの症状があらわれ、やがて全身のけいれんを起こします。治療が難しいため、ワクチンによる予防が重要です。
 また、お母さんが抵抗力(免疫)をもっていれば、出産時に赤ちゃんが破傷風にかかるのを防ぐことができます。

二種混合ワクチン※2期

第2期は、ジフテリアと破傷風の二種混合となります。
4月に小学6年生の方に予診票と説明書を配布しております。詳しくは説明書をご確認ください。

※市外から市内の学校に通っている方は、住民登録のある市町にお問い合わせください。

接種が望ましい時期は小学6年生、対象年齢は11歳以上13歳未満です。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。