現在地
トップページ > 組織で探す > 健康づくり課 > 予防接種(子ども):水痘(水ぼうそう)

予防接種(子ども):水痘(水ぼうそう)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月31日更新

水痘(水ぼうそう)

水痘とは、いわゆる「水ぼうそう」のことで、水痘帯状疱疹ウイルスというウイルスによって引き起こされる発疹性の病気です。空気感染、飛沫感染、接触感染により広がり、その潜伏期間は感染から2週間程度と言われています。発疹の発現する前から発熱が認められ、典型的な症例では、発疹は紅斑(皮膚の表面が赤くなること)から始まり、水疱、膿疱(粘度のある液体が含まれる水疱)を経て痂皮化(かさぶたになること)して治癒するとされています。

水痘ワクチン

水痘にはワクチンがあり、現在国内では乾燥弱毒性水痘ワクチン(以下、水痘ワクチン)が用いられています。水痘ワクチンの1回の接種により重症の水痘を100%予防でき、2回の接種により軽症の水痘も含めてその発症を予防できると考えられています。

対象年齢と接種回数

接種時点で「生後12月から生後36月未満(1歳、2歳)の方」
3月以上の間隔をあけて「2回」接種します。

標準期間

生後12月から生後15月に至るまでに1回目を行い、2回目は1回目終了後6月から12月に至るまでの間隔をおいて1回接種します。

注意事項

  • 既に水痘に罹患したことがある方は接種対象外となります。
  • 平成26年9月30日以前にすでに任意接種として水痘ワクチンを接種した回数分は、定期接種を受けたものと判断します。
  • 定期接種として水痘1回目を接種した後、3歳になり、水痘2回目を接種希望した場合は定期接種の対象となりません。 

接種方法 

実施医療機関に電話などで予約を入れ、当日に保険証や母子健康手帳などを持参してください。予診票をお持ちでない方は医療機関に設置してありまので、ご予約の際にお申し出ください。

その他

生後36か月から60月未満の方の経過措置は、平成26年度限りで終了いたしました。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。