現在地
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 軽自動車税 > 身体障がい者等に対する軽自動車税の減免について

身体障がい者等に対する軽自動車税の減免について

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月11日更新

身体障がい者等に対する軽自動車税の減免とは

 身体に障がいのある方が自分で運転される軽自動車等、または身体・知的等障がいのある方のために使用される家族・介護者運転の軽自動車について、1人につき1台に限り、軽自動車税が減免されます。

 なお、普通自動車税の減免を受けている方、またはタクシー券の交付を受けている方は軽自動車税の減免は受けられません。

・減免を受けることができる方について

・「身体障害者手帳」等を交付され、障がい別の等級に該当する方です

 「身体障害者手帳」、「療育手帳」、「精神障害者保健福祉手帳」、「戦傷病者手帳」のいずれかを交付されている方で、障がい別、等級別に定めた基準に該当する方です。

障がい別の等級は以下のとおりです。

身体障害者手帳一覧表
障がい名 本人運転 家族・介護者運転
 視覚障害 1級から4級 1級から4級
 聴覚障害 2級、3級 2級、3級
 平衡機能障害 3級 3級

 音声機能障害、言語機能、

またはそしゃく機能障害

 3級

(喉頭摘出者に限る)

 3級

(喉頭摘出者に限る)

 上肢機能障害 1級、2級 1級、2級
 下肢機能障害 1級から6級 1級から3級
 運動機能障害 上肢機能 1級、2級 1級、2級
 運動機能障害 移動機能 1級から6級 1級から3級
 体幹機能障害 1級から3級、5級 1級から3級
 心臓機能障害 1級、3級 1級、3級
 腎臓機能障害 1級、3級 1級、3級
 呼吸器機能障害 1級、3級 1級、3級
 ぼうこう、または直腸の機能障害 1級、3級 1級、3級
 小腸機能障害 1級、3級 1級、3級

 ヒト免疫不全ウイルス

による免疫機能障害

 1級から3級 1級から3級
 肝臓機能障害 1級から3級 1級から3級

 

「療育手帳」(三重県発行のものに限る)
障がい名家族・介護者運転のみ
知的障害(療育手帳)A1、A2、A最重度、A重度

 

「精神障害者保健福祉手帳」
障がい名家族・介護者運転のみ
精神障害1級

 

「戦傷病者手帳」
障がい名本人運転

家族・介護者運転

視覚障害特別項症~第4項症特別項症~第4項症
聴覚障害特別項症~第4項症特別項症~第4項症
平衡機能障害特別項症~第4項症特別項症~第4項症
上肢機能障害特別項症~第4項症特別項症~第4項症
下肢機能障害

特別項症~第6項症

第1款症~第3款症

特別項症~第3項症
体幹機能障害

特別項症~第6項症

第1款症~第3款症

特別項症~第4項症
心臓機能障害特別項症~第3項症特別項症~第3項症
腎臓機能障害特別項症~第3項症特別項症~第3項症
呼吸器機能障害特別項症~第3項症特別項症~第3項症
ぼうこう、または直腸機能障害特別項症~第3項症特別項症~第3項症
小腸機能障害特別項症~第3項症特別項症~第3項症
喉頭摘出による音声機能障害特別項症~第2項症特別項症~第2項症
肝臓機能障害特別項症~第3項症 特別項症~第3項症

・ 軽自動車等の使用目的について

・身体障がい者等本人が運転する場合は、制限はありません

・家族または介護者が運転する場合は、身体障がい者等のために専ら軽自動車を使用することが必要です

 減免の対象となる本人が運転される場合は、使用目的に制限はありません。

 家族または介護者が運転する場合には「身体障がい者等のために専ら使用する」ことが必要です。具体的には以下のとおりです。

・家族運転

 減免の対象となる方の通院、通所、通勤、通学のために同居家族の方が月4回以上、6か月以上にわたって継続的に使用すること。

・介護者運転

 減免の対象となる方のみで構成される世帯の方の通院、通所、通勤、通学のために介護をされる方が週3回以上、1年以上にわたって継続的に使用すること。

 

・軽自動車等の名義について

・軽自動車等の名義は身体障がい者等本人の名義にすることが必要です

  減免は身体障がい者等の方に対するものであるため、「身体障がい者等が所有し、かつ使用する軽自動車等」を対象としているため、所有者及び使用者は身体障がい者等本人でなければなりません。

 ただし、ローン等により購入し、所有者が販売会社等となっている場合は、使用者が身体障がい者等本人でなければなりません。

 また、身体障がい者等の方が18歳未満の場合や「療育手帳」を交付されている方の場合は、手帳に記載されている保護者の名義、「精神障害者保健福祉手帳」を交付されている方の場合は、同居家族の名義でも構いません。

 

・ 減免申請手続きに必要なもの

 ・平成28年から、申請書にマイナンバー(個人番号)の記載が必要です。マイナンバーカード等をご持参ください。

  1. 減免申請書 こちらからダウンロードできます。
  2. マイナンバー通知カードまたはマイナンバーカード。*平成28年から申請書にマイナンバー(個人番号)の記載が必要です。
  3. 車検証
  4. 「身体障害者手帳」等(原本が必要です。)
  5. 印鑑
  6. 運転者の運転免許証
  7. 使用目的の証明書(家族・介護者運転の場合のみ必要です。)  こちらから、様式をダウンロードできます。
  8. 自動車運行計画書(介護者運転の場合のみ必要です。)
  9. 世帯全員の「身体障害者手帳」等の写し(介護者運転で、他に世帯員がいる場合のみ必要です。)

*転居や結婚等により住所や氏名が変更された場合は、申請前に「身体障害者手帳」等、運転免許証、車検証の変更手続きをしてください。

*使用目的の証明書は、発行日から3か月以内のものに限ります。

*また、これまで減免を受けていた車両から新しい車両に替えられた場合は、新しい車両で改めて減免申請をしていただく必要があります。

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)