現在地
トップページ > 交通安全 > 市内の交通事故発生状況 > これまでの発生状況 > これまでの発生状況とその推移

これまでの発生状況とその推移

印刷用ページを表示する掲載日:2016年2月9日更新

 松阪市では、平成28年中に10人の尊い命が交通事故によって失われ、
人口10万人当たりの交通事故死者数が全国ワースト21位となりました
(全国の人口10万人以上の267都市中)。
 平成28年中の松阪市交通事故状況は、前年と比べて人身事故件数、
物件事故件数ともに減少していますが、依然として厳しい状況が続いています。

過去5年間の死亡事故の特徴

・車両相互の事故が約5割
・死者は交通弱者(自転車乗車中、歩行中)が約5割
・65歳以上の高齢者が約6割で、そのうち歩行中が約4割

☆車両を運転する際には、一時停止・安全確認・安全速度を励行しましょう。
☆道路を横断するときは、左右の安全を確認し、車が近づいていないことを確かめましょう。
☆夜間の外出時は、夜光反射材を身に付け、自分の存在を早く周りに知らせましょう。

↓↓下記ダウンロードファイルに、詳細な事故統計を掲載しています。↓↓

ダウンロードファイル

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)