現在地
トップページ > ごみ・リサイクル > 補助金 > 生ごみ堆肥化容器等購入補助金 > 生ごみ堆肥化容器等購入補助金制度

生ごみ堆肥化容器等購入補助金制度

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月1日更新

生ごみの減量にチャレンジ!

生ごみ減量に取り組む方を支援します。
あなたもこの制度を利用して、生ごみ減量の取り組みを始めてみませんか?

補助金の対象となる生ごみ堆肥化容器等は以下のとおりです。  

「家庭用生ごみ処理機」 

  家庭から排出される生ごみを加熱(乾燥)または微生物等による分解の方式により、家庭から排出される生ごみの減量または堆肥化を行うための電気機器(以下「処理機」)をいいます。
原則として、ディスポーザー(生ごみを粉砕し、公共下水道に排除する機器等)は除きますが、松阪市が認めたものについてはこの限りではありません。

「生ごみ堆肥化容器」 

  微生物等による分解の方式により、家庭から排出される生ごみの減量または堆肥化を行うための専用容器(以下「容器」)をいいます。  

交付対象者  

  家庭からでる生ごみを処理するため、堆肥化容器等を購入し設置しようとする人で、以下の要件を満すこと。

  1. 本市に住所があること
  2. 堆肥化容器等を購入してから6ヶ月以内であること
  3. 堆肥化容器等を個人で購入し、管理する家屋、土地にその責任と負担において設置すること
  4. 主としてその日常生活で出る生ごみの処分のために、堆肥化容器等を使用すること
  5. 堆肥化容器等を常に良好な状態で維持管理すること
  6. 営利を目的とした事業に使用しないこと
  7. 以前に市の補助施策等を利用されている場合は、対象とならない場合があります。  
 補助金の額 

  補助金額は、購入価格の2分の1に相当する額で、上限が3万円です。また、補助金額に100円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てます。
 補助金の対象は、機器本体の購入価格(実際に支払った額でポイント等の割引分は補助対象としません)で、工事費、配達料、その他処理機本体以外のものに係る費用は含みません。
 補助金の交付対象となる処理機の購入は、1世帯1台限りです。ただし、5年を経過した物については、その限りではありません。  

例1 69,800円(税込み)の生ごみ処理機を購入した場合

   69,800円×2分の1=34,900円

   補助金額は3万円が上限なので3万円が補助金額

例2 5,500円(税込み)のコンポスト容器を購入した場合

   5,500円×2分の1=2,750円  

   100円未満切捨てなので2,700円が補助金額

 申請手続き  

個別(個人)申請  松阪市生ごみ堆肥化容器等購入補助金交付申請書兼実績報告書兼請求書(様式第1-1号)に以下の書類を添えて申請して下さい。

  1. 申請者名が明記された領収書
  2. 購入した機器の保証書の写し(申請者名が明記されていること):処理機の場合のみ
  3. 設置状況がわかる写真
  4. 通帳の写し(名義人と口座番号がわかるもの)

一括(代表者)申請  松阪市生ごみ堆肥化容器等購入補助金交付申請書兼実績報告書兼請求書(様式第1-2号)に以下の書類を添えて申請して下さい。

  1. 申請者名が明記された領収書
  2. 購入した機器の保証書の写し(申請者の氏名が明記されていること):処理機の場合のみ
  3. 設置状況がわかる写真
  4. 通帳の写し(名義人と口座番号がわかるもの)
  5. 申請に係る会員の氏名、住所、電話番号が分かるもの

申請は、清掃政策課(町平尾町)、地区市民センター、各地域振興局まで。 
申請が認められた後、松阪市生ごみ堆肥化容器等購入補助金交付決定通知書兼補助金額確定通知書(様式第2号)を通知します。

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。