現在地
トップページ > ごみ・リサイクル > ごみの収集・出し方 > ごみの出し方 > プラスチックの分別に関するお願い

プラスチックの分別に関するお願い

印刷用ページを表示する掲載日:2013年8月28日更新

松阪市リサイクルセンターからプラスチック分別に関するお願いです。

日頃は分別にご協力いただき、ありがとうございます。

資源物回収で収集された「プラスチック容器・袋」の中に異物が混入しているのが

見受けられます。

 

・事故につながります!

医療系の注射針やカミソリなどの刃物、危険物であるスプレー缶、ライター等は最も危険な異物といえます。

機械の故障の原因になり、収集や選別作業中の事故につながります。

爆発事故や火災が起きる危険もあります。            

  怪我をした人のイラスト             分別する人のイラスト

 

 

・リサイクルできません!           

プラスチック容器・袋は正しく分別されていなければ原料として再生できません。 

混入していた異物の一例

コードの写真

異物 空き缶の写真

コード

空き缶

 

異物 ライター

 

異物 刃物

ライター

刃物

 

異物 不燃物

 

異物 ペットボトル

不燃物

ペットボトル

プラスチック容器・袋にはプラマークが表示されています。

このマークで分別してください

 

プラマークプラマーク

 

正しく分別されると・・・

写真のような再生原料(ペレット)になり、再生プラスチック製品(パレット、ベンチ等の擬木製品)として生まれ変わります。

 

           ペレット

          再生原料(ペレット)                  

                     

パレット

擬木製品

 

パレット

 

ベンチなどの擬木製品

ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。