3R(スリーアール)について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年11月16日更新

3Rとは!?

3R(スリーアール)とはReduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の3つのRの総称です。

 

   Reduce(リデュース)  ・・・発生抑制(ごみをださない)
   Reuse(リユース)         ・・・再使用(繰り返し使う)
   Recycle(リサイクル)  ・・・再生利用(資源として再利用)

 

Reduce(リデュース)の具体的な取組例

●生ごみはしっかりと水切りを行い、水分を減らす(重量を軽くする)

●必要のないものは購入しない

●使い捨てのものはなるべく購入しない

水はしっかり切りましょう     セール品をむやみに買わない

Reuse(リユース)の具体的な取組例

●壊れたからといってすぐ捨てない、修理して再び使用する

●不要になったものは捨てるのではなく、必要としている人に譲る

●エコバッグ・マイ箸を使用する

●詰め替え商品を利用する

詰め替え商品の利用      マイバッグの活用

Recycle(リサイクル)の具体的な取組例

●最後まで使ったら、資源として再利用できるものはリサイクルする

●正しく分別をして、ごみではなく資源物として出す

●資源物は、汚れていないきれいな状態で出す

●リサイクル活動を広げるため、リサイクル品を購入する

新聞紙のリサイクル      資源物として分別する


3Rとは

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。