• 松阪の魅力紹介
  • 季節の行事
  • モデルコース
  • フォトギャラリー
  • アクセス

松坂城の石垣

石の積み方が異なる石垣

松坂城跡最大の見所は、全国でも屈指の壮大な石垣です。
氏郷は、石垣工事に際して近江から穴太衆(あのうしゅう)と呼ばれる石垣専門の職人を呼び寄せたといわれています。松坂城築城当初の石垣は「野面積み」と呼ばれる工法で、江戸時代の石垣修復時に積み直された石垣は「打込みハギ」や「算木積み」と呼ばれる工法が使われています。

野面積み

自然石をほぼそのままの形で積み上げられています。石と石の間に隙間があるため水はけが良く、堅固であるのが特徴です。天守跡や本丸跡のあたりで見られます。

天守の石垣

サンプル画像

本丸上段の石垣

サンプル画像サンプル画像

 

打込みハギ

石を積みやすいように表面をノミで荒削りに加工して形を整えてから積み上げる工法です。石と石の間に小さい石を埋めるのが特徴で、二ノ丸や隠居丸のあたりで見られます。

サンプル画像

 

算木積み

石垣の隅に使われる工法で、長方形の石材を長短交互に積み上げていきます。二ノ丸の石垣の隅は、それぞれ算木積みが用いられていますが、天守台の石垣は自然石を巧みに生かして積んであるのに対し、二ノ丸の石垣は加工され整えられた切り石が用いられており、時代の違いがよくわかります。

サンプル画像

打込みハギと算木積み(二ノ丸)

サンプル画像

様々な石材の再利用

築城には大量の石材が必要だったため、松阪近郊の石という石が集められたといわれており、中には、古墳時代の石棺の蓋も混じっていました。石棺の蓋は今も天守台などに残っており、見ることができます。

天守台にある石棺の蓋

サンプル画像

天守台にある比較的小さい石棺の蓋

サンプル画像

鐘ノ櫓跡付近にある石棺の蓋

サンプル画像

守り重視の枡形構造

松坂城跡を見学してよくわかるのは、天守台まで行こうと思っても、幾度も折れ曲らなくてはならず、なかなかたどり着けないことです。
大手口や搦手口には高い石垣や門に囲まれた空間があり、その中を二度折れ曲りながら先へ進む「枡形構造」になっています。
特に搦手口は、天守に至るまでに枡形が四度も続き、防御に固い構造となっているのがわかります。

中御門跡の枡形構造

サンプル画像

サンプル画像

 



 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。