現在地
トップページ > 松阪市民病院 > 診療科案内 > 内科 > 内科(Internal Medicine)

内科(Internal Medicine)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月4日更新

ご挨拶

 当科は開設以来、三重県中南勢地区の内科急性期中核病院としての役割を果たしてきましたが、ほんの数年前には医療崩壊の荒波にのまれ、常勤内科医の数が一桁まで激減し、救急医療をはじめとした急性期診療継続に危機感を抱かざるを得ない時期を経験いたしました。当時周囲の方々に多大なご心配、ご迷惑をおかけしておりましたが、皆様方のご協力により現在当科は常勤医15名(2013/4現在)の体制にまで復活する事が出来ました。
 そんな中、患者中心の医療を具現化するために、2012年度からは各領域別のセンター化構想を立ち上げ、内科/外科といった旧来の診療科の垣根を取り払い、呼吸器・消化器・循環器と言った臓器別に特化した診療体制を確立して参りました。この結果より的確により迅速に患者さんに対応する事が可能となり、これまでよりもさらに高度な先端医療を提供する事が可能となりつつあります。
 まず2012年4月に三重大学呼吸器内科および呼吸器外科のご協力により呼吸器センターを開設させて頂き、県中南部の呼吸器医療の中核となるべく研鑽を重ねております。さらに2013年5月には先端的内視鏡治療を中核とした消化器センターを開設させて頂き、松阪市健診センターとも連携し予防医学から先端医療まで幅広く対応可能な診療体制を確立しております。今後は循環器等の領域においても臓器別診療体制の確立を予定しており、これまで以上により迅速により的確に皆様のご要望に応えるべく、各科急患ホットラインの開設、地域における症例検討会などこれまで実施できなかった新たな試みを始めております。
 また救急医療分野においては岐阜大学救命医療センターの、腫瘍内科分野においては三重大学腫瘍内科の指導のもとさらに高度な先端医療を提供できるように心がけております。さらに病院に併設された松阪市健診センターとの密接な連携により、急増する糖尿病などの生活習慣病に対しては、地域での公開講座、患者教室などを通して住民の健康増進に取り組んでおります。 どんな事でも結構ですのでぜひ一度当科までご連絡をください。

 内科外来診療

 当科ではより専門性の高い診療を目指し、原則として臓器別診療を心がけております。
 患者様の状態により専門性の高い診療が必要とご判断される場合には、直接各専門外来にご紹介いただければ幸いです。

 

各種勉強会の紹介

病診連携懇話会

 当院では、より充実した内容に改め日常診療に役立てる内容を目指します。各分野ごとに定期的に皆様からの紹介症例をもとにした検討会、並びに特別講師を招聘するなど専門情報の提供に努めたいと考えます。また各領域の病診連携ツールとしてパスを作成し地域ぐるみで医療レベルの向上に取り組みたいと考えます。

市民公開講座

 当院では、医師会および健診センターと連携し、主として呼吸器/消化器/循環器の3領域の市民啓蒙を目的とした公開講座を継続開催させて頂いております。こうした活動を通して住民の健康意識を高めると同時に、より密接な病診連携を推進したいと考えております。

糖尿病友の会、糖尿病教室

 Team A1cという名前の糖尿病患者さんの会を主催しております。当院には現在8名の糖尿病療養指導士(看護師/検査技師/管理栄養士/薬剤師)が勤務しております。彼らスタッフを中心として定期的な糖尿病教室を開催しておりますが、食事療法/運動療法/合併症検査などに関して患者さんのみならずご家族にも参加していただき、毎回糖尿病に関する勉強をしながら交流を深める場となっております。

生活習慣病教室

 当院内科スタッフ、糖尿病Team A1cスタッフを中心に定期的に市内各地の公民館で勉強会を開催しております。普通の勉強会とは異なり県立相可高校食物調理科 村林先生のご好意により同校生徒さんによるお弁当を食べながら、和やかな雰囲気の中で皆さんの健康増進の一助になればとの思いで活動させて頂いております。
お近くの方は是非一度覗いてみてください。

 

 

•診療科案内の一覧に戻る

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。