現在地
トップページ > 防災 > 災害への備え > その他の取組 > 警戒レベルを用いた避難勧告等の発令について

警戒レベルを用いた避難勧告等の発令について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年6月6日更新

水害・土砂災害時の防災情報の伝え方が変わります

 平成30年7月豪雨を教訓として、平成31年3月に「避難勧告等に関するガイドライン(内閣府)」が改定され、住民等が情報の意味を直感的に理解できるよう、水害・土砂災害の防災情報を5段階の警戒レベルにより提供し、とるべき行動の対応が明確化されました。
 これを受けて、本市でも令和元年の出水期より、避難情報を発令する際には警戒レベルを付与して発信します。被害の危険が高まった場合、警戒レベルに応じた5段階の行動をお願いします。

警戒レベルと住民がとるべき行動

 警戒レベルと住民がとるべき行動は次の表のとおりです。

<警戒レベルと避難行動等>
警戒レベル住民がとるべき行動避難情報等情報発信源
警戒レベル5すでに災害が発生している状況です。
命を守るための最善の行動をとりましょう。
災害発生情報市町村が発令

警戒レベル4
【全員避難】

速やかに避難先へ避難しましょう。
公的な避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅内の安全な場所に避難しましょう。
避難勧告
避難指示(緊急)
警戒レベル3
【高齢者等は避難】
避難に時間を要する人(ご高齢の方、障がいのある方、乳幼児等)とその支援者は避難をしましょう。その他の人は、避難の準備を整えましょう。避難準備・
高齢者等避難開始
警戒レベル2避難に備え、ハザードマップ等により、自らの避難行動を確認しましょう。注意報気象庁が発表
警戒レベル1災害への心構えを高めましょう。早期注意情報

※各種の情報は、警戒レベル1~5の順番で発表されるとは限りません。状況が急変することもあります。

本市からの避難情報の発信

 本市では、緊急速報メール(エリアメール)、防災情報メール、防災電話サービス、防災行政無線等により避難情報を発信しますが、その際は「警戒レベル」及び「とるべき行動」等を明記して配信します。

警戒レベルの運用に関するリンク等

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)