現在地
トップページ > 組織で探す > こども支援課 > 子ども(児童)虐待かな? と感じたら、お電話ください

子ども(児童)虐待かな? と感じたら、お電話ください

印刷用ページを表示する掲載日:2014年4月2日更新
新ポスター

子ども(児童)虐待かな? と感じたら、お電話をください

詳しくは

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/gyakutai/<外部リンク>

※匿名での通告も可能です。秘密は守られます。
※虐待を受けていると思われる子どもの安全確認を行います。
※虐待予防のために、出産・子育ての相談に応じます。

 平成17年、児童虐待の防止等に関する法律が一部改正され、虐待を受けたと思われる子どもを発見したら、すみやかに市町村や児童相談所に通告することが義務付けられています。
 「本当に虐待かどうかわからない」「告げ口をしているようで気がひける」などの理由で、虐待に関する連絡や通告をためらうことがよくあります。しかし、虐待かどうかの判断は、市町村や児童相談所の専門機関が行います。連絡や通告はあくまで虐待を未然に防ぐためのもので、虐待の悲劇から、子どもや親を守るための行為です。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。